人探し調査の事例(体験談)

  • 事例1 未成年の息子を探してほしい!
  • 事例2 突然家出した夫を探してほしい!
  • 事例3 お金を貸している知人が失踪
  • 事例4 妻が浮気相手と失踪してしまった
  • 事例5 お世話になった恩師に会いたい!
  • 事例6 初恋の相手ともう一度会いたい!
  • 事例7 生みの親に一目逢いたい!

簡単見積もり

◆お名前(偽名でも可)
◆お住まい地域
◆ご連絡先(固定または携帯)
◆メールアドレス
◆探している人物について
◆現時点の情報
◆探す理由
◆希望予算

   

グループサイトのご案内

  • 初めての調査依頼
    探偵依頼する前に必ずお読みください
  • 離婚相談
    離婚問題を解決する為の専門サイト
  • 浮気調査
    浮気相談専門サイト
  • 人探し・尋ね人
    人探しでお困りの方の為の専門サイト
  • 盗聴・ストーカー・いやがらせ
    嫌がらせ等の悩みを解決するサイト
  • 生活トラブル相談
    トラブル被害でお困りの方はこちらから
  • 探偵用語集
    探偵用語集はこちらから
 
トップページ > 人探し・尋ね人メモ >  外国人の失踪相談−失踪調査 行方調査 特殊人探し調査

外国人の失踪相談−失踪調査 行方調査 特殊人探し調査

ご相談はフリーダイヤル0120-72-7909

外国人の失踪問題

調査士会−人探し・尋ね人相談センターでは、ここ数年で外国人の失踪問題による相談件数が増加しています。中でも近年では、「外国人研修・技能実習制度」を利用して入国後、失踪してしまうというケースが社会的にも問題になっているようです。

外国人研修・技能実習制度からの失踪とは?

「外国人研修・技能実習制度」は1993年、日本の技術を学ぶ機会を提供するために導入された制度です。管轄している法務省によると、02〜06年の5年間に制度を利用した外国人の方は37万4875人で、このうち 9607人 が失跡状態にあるそうです。



しかしこの失踪はただの失踪ではなく『不法就労のための失踪』であることが多く、過去にも研修生や実習生は手当が安いため、別の企業で不法に働くなどしていた例が確認されています。

外国人の失踪者調査−難易度とその必要性

このパターンは、失踪者が外国人であることや、債務者による失踪などと同様に‘本人が望むべくして失踪している状態なので、探し出すには困難を極める事があります。



しかし不法就労・不法滞在は、いくら本人や家族の生活のためと言えど、日本における法律をおかしているわけですから、立派な犯罪です。さらに失跡後に、強盗など凶悪事件にかかわるケースも報告されている事から、一刻も早く探し出し、その過ちを止める事が必要です。

外国人の失踪者をお探しの方は

現在、外国人の失踪者をお探しの方は、失踪者の情報を少しでも多く集め、なるべく早い段階で調査士会−人探し・尋ね人相談センターへご相談ください。人探し・尋ね人−無料電話相談センターでも、専門の調査士が24時間無料でご相談に対応しておりますので、まずはご連絡ください。


人探し・尋ね人 相談サイト探偵・興信所−東京探偵調査士会

探偵メモ興信所メモ調査士メモ探偵調査メモ探偵事務所メモ探偵社メモ
探偵用語集浮気調査メモ人探し・尋ね人メモ探偵事務所・興信所情報

メール無料相談   ご相談はフリーダイヤル0120-773-336

未成年者の家出 専門家無料相談室  高齢者の失踪 専門家無料相談室

人探し・尋ね人メモ