人探し調査の事例(体験談)

  • 事例1 未成年の息子を探してほしい!
  • 事例2 突然家出した夫を探してほしい!
  • 事例3 お金を貸している知人が失踪
  • 事例4 妻が浮気相手と失踪してしまった
  • 事例5 お世話になった恩師に会いたい!
  • 事例6 初恋の相手ともう一度会いたい!
  • 事例7 生みの親に一目逢いたい!

簡単見積もり

◆お名前(偽名でも可)
◆お住まい地域
◆ご連絡先(固定または携帯)
◆メールアドレス
◆探している人物について
◆現時点の情報
◆探す理由
◆希望予算

   

グループサイトのご案内

  • 初めての調査依頼
    探偵依頼する前に必ずお読みください
  • 離婚相談
    離婚問題を解決する為の専門サイト
  • 浮気調査
    浮気相談専門サイト
  • 人探し・尋ね人
    人探しでお困りの方の為の専門サイト
  • 盗聴・ストーカー・いやがらせ
    嫌がらせ等の悩みを解決するサイト
  • 生活トラブル相談
    トラブル被害でお困りの方はこちらから
  • 探偵用語集
    探偵用語集はこちらから
 
トップページ > 人探し・尋ね人メモ >  捜索方法の違いとは−失踪者が未成年の場合 (失踪調査・家出人調査)

捜索方法の違いとは−失踪者が未成年の場合 (失踪調査・家出人調査)

ご相談はフリーダイヤル0120-72-7909

◆捜索方法の違い

失踪者の捜索は、闇雲に探そうとしても効率的ではありません。
失踪のパターンは、失踪者個々によってそれぞれ異なります。
専門家の場合はそこを逆に突いて調査を進めていくのです。
以下は、調査士会の長年の経験から導き出した失踪パターン、およびそれに附随する捜索方法です。

◆失踪者が未成年の場合

・親しい友人や異性と連絡を取り合っている可能性が高いので、友人関係を中心に調査を開始します。

・同時に未成年者の場合は、大体が衝動的な家出のパターンが多いので、繁華街やゲームセンター、カラオケ、漫画喫茶、インターネットカフェなども捜索の対象に入れます。

・そして今や小学生までもが持つようになった、携帯電話のデータからも、様々な情報を割り出します。




◆失踪者捜索を依頼する際の注意点

失踪パターンはそれぞれの失踪者によって様々な状況が考えられるので、以上はあくまで一例に過ぎません。しかし、どんな状況であれ臨機応変に対応する必要があります
その為、人探し・尋ね人の依頼する時は、失踪者情報を少しでも多く探偵に伝える必要があります。
どんな些細な情報でも、きっと調査に役立つはずです。

身近な方が失踪してしまったら、早い段階で調査士会−人探し・尋ね人相談センターへご連絡ください。
当会では、お電話メールでも無料でご相談を受け付けております。是非ご利用下さい。


【関連記事】

捜索方法の違いとは−失踪者が成人の場合 (失踪調査・家出人調査)
捜索方法の違いとは−失踪者が老人の場合 (失踪調査・家出人調査)
捜索方法の違いとは−失踪者が男性の場合・女性の場合 (失踪・家出)

 

人探し・尋ね人 相談サイト探偵・興信所−東京探偵調査士会

探偵メモ興信所メモ調査士メモ探偵調査メモ探偵事務所メモ探偵社メモ
探偵用語集浮気調査メモ人探し・尋ね人メモ探偵事務所・興信所情報

メール無料相談   ご相談はフリーダイヤル0120-773-336

未成年者の家出 専門家無料相談室  高齢者の失踪 専門家無料相談室

人探し・尋ね人メモ