人探し調査の事例(体験談)

  • 事例1 未成年の息子を探してほしい!
  • 事例2 突然家出した夫を探してほしい!
  • 事例3 お金を貸している知人が失踪
  • 事例4 妻が浮気相手と失踪してしまった
  • 事例5 お世話になった恩師に会いたい!
  • 事例6 初恋の相手ともう一度会いたい!
  • 事例7 生みの親に一目逢いたい!

簡単見積もり

◆お名前(偽名でも可)
◆お住まい地域
◆ご連絡先(固定または携帯)
◆メールアドレス
◆探している人物について
◆現時点の情報
◆探す理由
◆希望予算

   

グループサイトのご案内

  • 初めての調査依頼
    探偵依頼する前に必ずお読みください
  • 離婚相談
    離婚問題を解決する為の専門サイト
  • 浮気調査
    浮気相談専門サイト
  • 人探し・尋ね人
    人探しでお困りの方の為の専門サイト
  • 盗聴・ストーカー・いやがらせ
    嫌がらせ等の悩みを解決するサイト
  • 生活トラブル相談
    トラブル被害でお困りの方はこちらから
  • 探偵用語集
    探偵用語集はこちらから
 
トップページ > 人探し・尋ね人メモ >  失踪者との離婚例 「悪意の遺棄」−人探し・尋ね人相談センター

失踪者との離婚例 「悪意の遺棄」−人探し・尋ね人相談センター

ご相談はフリーダイヤル0120-72-7909

失踪者との離婚例 「悪意の遺棄」−人探し・尋ね人相談センター

失踪宣告と離婚問題−人探し・尋ね人相談センター でも紹介したように、夫婦のどちらかが一方的に離婚を請求する場合は、「離婚原因」に該当する理由があることが必要になります。
失踪者との離婚例としては、以下のようなものがあります。

失踪者との離婚例

1年以上配偶者と会っておらず、その間一切連絡もなく、住んでいる場所すらわからない。

この場合は、配偶者の承認を得ることなく夫婦間の同居・協力・扶助の義務を怠っているということで
「悪意の遺棄」として訴えることが出来ます。
訴える前には警察に捜索願を出したり、探偵に調査依頼をしたり、知人関係に問い合わせるなどして、『十分捜したにも関わらず相手の住所がわからなかった』 ということを証明する必要があります。

離婚訴訟は通常、家庭裁判所で調停が成立しなかった場合にはじめて地方裁判所へ提起します。
しかし、相手が行方不明の場合は調停自体が出来ませんので、調停をせず離婚裁判を起こすことになります。
裁判所は、裁判所の掲示板に訴状を一定期間掲示し、相手に訴状が送られたものとみなします。
そして提出した証拠をもとにして審査や裁判を行い、判決の後に離婚が成立します


探偵・興信所東京探偵調査士会−人探し・尋ね人相談センターから

探偵・興信所東京探偵調査士会人探し・尋ね人相談センターには数多くの相談が日々寄せられています。その中で失踪者との離婚に関連した相談も沢山あります。
失踪者との離婚には様々な事情やパターンがありますので、失踪者との離婚を申し出たい場合や、悩まれている方は、人探し・尋ね人相談センターへご相談ください。担当の相談員が詳しくご説明いたします。また、お電話メールでもご相談を受け付けております。もちろん、ご相談は無料です。

【関連記事】 
「失踪宣告」とは−失踪によって生じる諸問題
失踪宣告と人探し調査の現状について−人探し・尋ね人相談センター
失踪宣告の申し立てに必要なものとは?−人探し・尋ね人相談センター
失踪宣告を家庭裁判所に申し立てる−人探し・尋ね人相談センター
失踪宣告の取り消し−人探し・尋ね人相談センター
失踪宣告と離婚問題−人探し・尋ね人相談センター
失踪者との離婚例 「3年以上の生死不明」−人探し・尋ね人相談センター

人探し・尋ね人 相談サイト探偵・興信所−東京探偵調査士会

探偵メモ興信所メモ調査士メモ探偵調査メモ探偵事務所メモ探偵社メモ
探偵用語集浮気調査メモ人探し・尋ね人メモ

メール無料相談   ご相談はフリーダイヤル0120-773-336

未成年者の家出 専門家無料相談室  高齢者の失踪 専門家無料相談室

人探し・尋ね人メモ